おかげさまで多数の企業にご利用いただいております!

工場・倉庫・店舗向けの業務用ビニールカーテン・シート・ネット(網)のオーダー製作

製品に関するお問い合せ・ご相談
[通話無料] 0120-441-723
通話無料[受付時間] 平日9:00〜17:30
ホーム > ビニールカーテンのDIY・取付方法 > 雨除け・日よけテント取付方法

雨除け・日よけテント取付方法

雨よけテント・日よけテントシートなどは、主に既存にあるフレームなどに取り付けるか、新たに設置する枠やフレームなどに、テントシートに予め加工を施したハトメにロープを編んで取付を行います。プロが実践しているテントの張り方・DIYについて以下、手順を追って記載致します。以下は四角形の一般的なテントシートの張り方と、雨よけ・日よけ目的に使用する店舗用テント・軒先タイプの張り方をご案内しております。

 

※雨よけ・日よけテントシート一覧はこちら

 

※日よけメッシュシェード一覧はこちら

 

※雨よけ・日よけテントの採寸方法はこちら

 

雨よけ・日よけテントシート【四角形テントの取付方法】

 

 

雨よけ・日よけテントシートは主に、上記のようなイメージとなります。基本的には四角形の基本的な張り方ですが、様々な張り方がございますが上記・以下はプロでなくてもしっかりとテンション(張り)を与えてシワなく・垂みなく、テントシートを取り付ける方法となります。

 

短めのロープ4本を用意しておき、先に四つ角をダブル巻でしっかり引っ張り合い固定する。写真では角のロープからそのまま中間も編んでいますが、慣れていない方は角用のロープをご用意して頂き、角だけで一旦固定を終えてから中間を編んだ方が楽に作業ができます。

 

4つ角の隙間を均等にしてしっかり張ったら、中間を編んでいきます。中間を編んで行く際、コツとしては角の次のハトメ~順に編むよりも、角と角のちょうど中心から角に向かって別れて編んでいくと、綺麗にシワも出ず、楽にロープも通せます。

 

中間ラインを編んで行くときは、中間ラインの距離×2倍程度の長さのロープを使用致します。あまり距離が長い場合は、ロープを長くしすぎると編みづらいので、ロープは最長で4m未満でカットして、途中でつなぎ合わせながら編んでいくと楽に通していけます。

 

 

 

【ロープの巻き方】

 

※ダブル巻き=ハトメ1ヶ所に付き、ロープを2周通す方法で高い力を加えれます。

ハトメ25番の場合=4mmロープを使用でダブル巻可

ハトメ28番の場合=5mmロープを使用でダブル巻可

 

 

※シングル巻き=ハトメ1ヶ所につき、ロープを1周通す方法で一般的な方法。

ハトメ25番の場合=4mmロープを使用でシングル巻可

ハトメ28番の場合=5mmロープを使用でシングル巻可

 

 

【ハトメサイズを決める目安】

テントシートの大きさが、およそ10㎡以下であれば25番ハトメが妥当。

テントシートの大きさが、およそ10㎡以上であれば28番ハトメが妥当

 

 

軒先テント、店舗用テントなどは25番

(主にニューパスティシャガールなど)

 

 

距離の長いテント、大型テントなどは28番

(主にウルトラマックスバリアスなど)

 

 

※テント取付用ロープはこちら

 

※テントのハトメサイズはこちら

 

※雨よけ日よけテントの採寸方法はこちら

 

 

 

基本的にはテントの大きさ、生地の種類によって職人は編み方を変えますが、大型テントなどは全てダブル巻きで強いテンションをかけ、軽微な日よけテントや店舗用の軒先テント(以下参照)などであれば、シングル巻きに致します。

 

使用するハトメサイズによってもロープの太さが合わなければ、ダブル巻きが困難となる場合がございますが、詳しくは、上記リンクを参照下さい。

 

雨よけ・日よけテントシート【大型テントの取付方法1】

 

上記のような、屋外の洗車場や倉庫、壁面テントシートなどで高さが2mを超える場合は、帯ピケット加工を使用する事で、テントシート全体にしっかりとテンション(張力)をかける事が可能となります。張り方自体は①の四角形のテントシートとほぼ同じ内容ですが、以下ご説明いたします。又、帯ピケットや次項の包みピケットを使用する事で、風対策などにも活用頂けます。

 

 

【取付方法の手順】

 

まず4つ角をダブル巻きでしっかり固定します。必ず4つ角で対角でしっかりきつめに張って下さい。壁のようなテントシートであれば、上ラインはフレームなどと隙間をあけずに編んでしまってもOKです。(但し、隙間がどの程度あけるかは現場調整となります)

 

 

四つ角を決めたあとは、上ラインの中間を全て編んでしまって下さい。どの程度隙間をあけるかは、フレームに対してどのくらいの大きさでテントシートをご注文されたかによって異なります。詳しくはテントシートの採寸方法をご覧ください。

 

 

次に、中間の帯ピケットラインを下に向かって適度な力で引っ張り、固定して下さい。最後に一番下のラインを引っ張ったときに、この中間帯ピケットラインのロープが緩む事がありますが、その場合は、軽くロープを引っ張りなおしてください。(あまりきつく引っ張ると、今度は一番下のロープがゆるんでしまいます)

 

 

最後に、一番下のラインを強く引っ張って下さい。テントシートの大きさや、ハトメサイズ、生地によってダブル巻かシングル巻か異なりますが、しっかりとテンション(張力)をかけて引っ張ります。左右の距離が長い場合は、中央から左右の角に向かって別れて編み始めてもOKです。

 

 

③と④を逆にする方法でも問題ございません。その場合は、③を強く引っ張ると、テントが下に伸びて、一番下ラインのロープが緩んでしまいますので、ご注意ください。(ゆるんだ場合はもう一度引っ張る)

雨よけ・日よけテントシート【大型テントの取付方法2】

 

②でご案内した帯ピケットと同様に、大きなサイズのテントを壁・屋根などに使用する場合、風対策・バタつき防止として上記のように、包みピケット加工を施す事をオススメ致します。包みピケットとは、面積が比較的に大きいテントシートの場合、風などによってテントがバタついたり、煽られて破損や飛散してしまう事を防止するための加工方法となります。

 

基本的には、テントシートの中央や間などにフレームが入っている事が前提となりますが、中間にフレームがあれば上記のようにフレーム位置に合わせて予め包みピケット加工を施しておきます。注意点と致しましては、加工する段階のスケッチや図面で、外枠のフレームの内寸法と、中間のフレームの位置(芯)・中間フレームの太さ(角or丸パイプ)など把握して当店に包みピケット加工希望の旨と数値などをお知らせ頂ければ、当店にてどの程度、テントシートの伸縮を考慮して小さくするか、包みピケットの位置や大きさはどうするかなど無料にて計算致します。

 

包みピケットは、本体テントシートの4辺を張り終わり、最後に包みピケットをロープで止めて下さい。包みピケットは基本的に25番ハトメ・4mmロープを使用して下さい。(大型テントでも同様に包みピケット部分だけは25番ハトメ・4mmロープで包みピケット固定)

雨よけ・日よけテントシート【店舗用・軒先テントの取付方法】

 

次に、店舗用の軒先テントのDIY・取付方法です。街中でよく見かけるお店の入り口や軒先に取り付けている雨よけ・日よけ目的の店舗用テントなどは、最近ではDIYで張り替える方も増えてきております。①~③の四角形のテントに比べて、取付方法のレベルは高くなりますが、しっかりと手順を追って理解頂ければ、できなくはございませんので、チャレンジしてみて下さい。

 

 

【店舗用・軒先テントの取付方法】

 

基本準備 まず既存のフレームなどをウエスでしっかり汚れを落としてください。埃や汚れなどが残っていると、テントシートを広げたときにテントについてしまい最後に掃除が大変です。

 

テントを広げたら、まずホック(正式名:吊りマント)を取付ます。順番は、テント上ラインの左右の角(最初と最後の1個目)をお互いに引っ張りながら止めますが、目安はミシン目が角にありますので、フレームの角にミシン目を合わせて止めて下さい。左右同時に引っ張りながら止めると止めづらいので、片方のミシン目を合わせてホックを止め、反対側の角を次に引っ張りながら穴をあけてホックを止めます。

 

左右の角を止めたら、次はその間の中間のホックを全て止めます。(ホックの打ち方・止め方は以下参照)テントのヘリ(端部)がしっかり壁に当たるようにして止めて下さい。

 

③④上ラインを全て止めたら、次にタテラインを止めます。まず、タテラインの一番上のホックを止めたら、テントのタテラインの下端部を下に引っ張り、まっすぐ生地が伸びている状態で、タテラインの一番したのホックを止めます。次にタテラインの一番上と一番下との間を全て止めます。②同様に、しっかり生地の端部・ヘリが壁にあたるようにして下さい。

 

テント生地やシートに汚れがついたら中性洗剤などをお湯で薄めた液をウエスにつけてふき取って下さい。きつい汚れで落ちない場合は、ホームセンターなどに売っているペイント薄め液(青の缶)を使用して拭き取ると落ちますが、あまり使いすぎたり、強く拭き取ると表面の防汚処理が落ちてしまいますのご注意ください。

 

 

※ホック(吊マント)はこちら

 

※オーニングテントの張替えはこちら

姉妹サイトにリンクします。

 

 

【ホック(吊マント)の止め方について】

 

ホックは上記のように、フレームに穴があいているところを狙って、千枚通しなどを使用してテント生地に穴をあけて下さい。(刺してグリグリこねくりまわす)そして、ホックの先端を穴に入れ、指で強く押し込むか、固ければゴムハンマーなどで叩いて入れても大丈夫です。くれぐれも浮いている状態はしっかり入りきっていないので、上記のようにはずれないか確認しておいて下さい。

 

 

テント外側(壁側)のホックを全て打ち終えたら、次に上記ようにロープを通していきます。

 

まず、角部分を先に短めに切っておいたロープでしっかり固定します。(ダブル巻)その際、角斜めラインのミシン目がフレームの芯にくる事を目途に引っ張って下さい。角と角の間の生地がたるんでいるとシワの原因になりますので、反対側と引っ張りあうイメージでテントのハトメラインをまっすぐになるまで引っ張ります。(少しコツがいるので何度か試してみて下さい)

 

角と壁側角を決めたら、中間ラインをロープで編んで固定して下さい。店舗用テントなどは基本的には大きな力をかける必要がないため、シングル巻でも良いですが伸びてこない場合などはダブル巻でロープを巻いて引っ張って下さい。引っ張る際に、手で引っ張りづらい場合は、ペンチなどを使用してもOKです。あまり強く引っ張るとハトメが切れますのでご注意下さい。

 

 

 

角のハトメはダブル巻でしっかりテンションをかけて下さい。この角の張り方で、店舗用テント・軒先テントなどの出来栄えが決まってきます。

 

 

 

全てロープを網、長く飛び出ているロープがあれば、適度の長さでロープを固定して完了です。最後に、ホックを打った壁ラインとテントとの隙間をコーキングして止水処理を行って下さい。上ラインはホックの頭部分もコーキングしておいて下さい。(ホック部分から雨が入ってしまいます

 

 

※雨よけ・日よけテントシート一覧はこちら

 

 

※雨よけ・日よけテントの採寸方法はこちら

 

 

※ホック(吊マント)はこちら

 

 

※オーニングテントの張替えはこちら

姉妹サイトにリンクします。

  • ビニールカーテンの採寸方法

ビニールカーテンDIY・取付方法

のれん式ビニールカーテンDIY・取付方法

ビニールスクリーンDIY・取付方法

透明アコーディオンカーテンDIY・取付方法

雨除け・日よけテントDIY・取付方法

取付工事サービス
オーダーメイド施工・製作事例

ビニールカーテンのお役立ち情報!

  • ビニールカーテンのDIY・取付方法

    ビニールカーテンのDIY・取付方法

    ビニールカーテン・レール
    のれん式ビニールカーテン
    間仕切りポール取付方法など
    DIY・取付方法をご案内!

  • ビニールカーテンの採寸方法

    ビニールカーテンの採寸方法

    ひと目で分かるサイズの図り方
    のれんカーテンやアコーディオン
    スクリーン・ネット(網)の
    採寸方法も掲載中!

  • ビニールカーテンの標準仕上・オプション加工

    ビニールカーテンの標準仕上・オプション加工

    ビニールカーテンの標準仕上げ
    ・マグネット加工 /・マジックテープ加工
    ・切り欠き加工 / ・袋加工
    豊富な特注オプション加工を掲載!

ビニールカーテンの基礎知識ビニールカーテンの基礎知識

  • カーテンレールの選び方
  • 間仕切りポールの選び方
  • ビニールカーテン機能性一覧
  • ビニールカーテン用途一覧
  • ビニールカーテン屋外・風対策
  • ビニールカーテンよくある質問
  • ビニールカーテン購入前に知って得する豆知識

製品一覧製品一覧

ビニールカーテン一覧
  • 業務用カーテンレール一覧

    業務用カーテンレール一覧

    軽量タイプから中型・大型タイプ、工場用レールまで!1cm単位でオーダーカット対応

  • 間仕切りポール一覧

    間仕切りポール一覧

    ビニールカーテンに併用すれば快適・便利にご利用頂けます。
    豊富な部材もご用意!

  • 取付金具・部材

    取付金具・部材

    ワイヤー式のビニールカーテン固定金具など取り揃え!
    1個単位で出荷致します!

  • ご利用ガイド

ビニプロ
工場直送、卸値価格

ビニールカーテン・テントシート・ネット・網をサイズオーダーで製作販売する業務用専門の総合通販サイトです。

ご注文はお見積フォームをご利用ください。

  • コロナウイルス対策用クリアカーテンPRO
  • ビニールパーテーションクイックバリア
  • オレンジブックお申し込み
  • 機能性ビニールカーテン一覧
ビニールカーテン・シート
生地の切り売りカット・ロール巻販売
ビニール間仕切り製品
ビニールカバー・特注加工
工業用シート製品
テントシート製品
トラック用シート製品
ネット(網)
業務用カーテンレール
運搬移動・作業用レール
間仕切りカーテンポール
取付金具・修理材・各種資材
特売・SALEコーナー
ビニールカーテン 用途・目的から選ぶ
ビニールカーテン 機能別から選ぶ
ビニールカーテンの 基礎知識
メニュー
  • 取付工事サービス
  • 知って得する豆知識
  • 納品撮影・施工写真でクオカード1000円分プレゼント!
  • お問い合わせ・見積もり
  • お電話でのお問合せ0120441-723
  • FAXでのお問合せ052-766-6960
  • メールでのお問合せ
  • フォームでお問い合わせ
  • FAXで見積り依頼(PDF)
  • ビニプロNET
  • ビニプロTENT
  • ビニプロカバー
ご利用ガイド
User Guide
決済方法について
決済方法について

決済方法についてのご案内となります。ビニールカーテンやのれんカーテン、ネット(網)などの決済方法をご案内。

決済方法について
納期について
納期について

基本的にはオーダー品のため、返品・交換は不可となります。ご発注前のサイズ確認などのご相談はお気軽にお申し付け下さいませ。

ご注文方法
ご注文方法

見積り依頼・ご注文・ご発注の流れをご案内しています。ステップ別にお見積りのご依頼から納品まで詳細に説明いたします。

よくあるご質問
よくある質問

製品の送料、決済方法についてのご案内となります。ビニールカーテンやのれんカーテン、ネット(網)などの送料と決済のご案内。

DIY・取付方法について
DIY・取付方法について

製品の送料、決済方法についてのご案内となります。ビニールカーテンやのれんカーテン、ネット(網)などの送料と決済のご案内。

サイズの図り方について
サイズの図り方について

ビニールカーテン、間仕切シートをご発注の際、細かなサイズの図り方などはこちらを参照くださいませ。ご不明な場合はお気軽にお問合せ下さいませ。

標準仕上・特注加工について
標準仕上・特注加工について

ビニールカーテン・防炎シート・不燃シートなど、カーテン加工の際の標準加工とオプション加工についてのご案内。オーダー製作致します。

ビニールカーテンの豆知識
ビニールカーテンの豆知識

ビニールカーテン購入前に知って得する豆知識。ビニールカーテンの用途・注意点・素材の特徴などプロ担当者が適時更新!

お問い合わせ・お見積もり依頼
営業日カレンダー
  • FAXでのお見積り依頼
  • フォームでお問い合わせ
  • メールでお問い合わせ

ページTOPへ

ホームビニプロ.comが選ばれる6つの理由お知らせ一覧サービス利用規約特定商取引法について個人情報保護方針運営会社

  • ビニプロ.com
  • 工場・倉庫・店舗向けの
    業務用卸売・オーダー製作