UV/紫外線対策用テントシート・シェード特集
おかげさまで多数の企業にご利用いただいております!

工場・倉庫・店舗向けの業務用ビニールカーテン・シート・ネット(網)のオーダー製作

製品に関するお問い合せ・ご相談
[通話無料] 0120-441-723
通話無料[受付時間] 平日9:00〜17:30
ホーム > 業務用テントシート一覧 > 雨よけ・日よけテントシート > UV/紫外線対策用テントシート・シェード特集

UV/紫外線対策用テントシート・シェード特集

テントシート・シェードでUV・紫外線対策

4月から9月にかけて増加する紫外線。南方は3月や10月も紫外線量が多いため地域によって紫外線量は異なりますが、全国で主に夏場の7~8月は一年を通して最も紫外線が強く、屋外・室内問わず紫外線対策が必要となってきます。

日よけ対策として庭や窓にシェードを設置したり、自転車置き場の上にタープを張ってUV対策をしたりと、ご自宅でご利用いただく場面も増えています。
業務用としては、工場・倉庫の場合、積み荷作業中の紫外線対策として入り口や通路に大型屋根としてテントシートを活用したり、幼稚園や保育園ではプールや砂場の上にシェードを設置して外で活動できるようにするといった利用例があります。
店舗などでは、屋外のテラス席のパーゴラにシェードを設置したり、軒下テントを窓の上に設置するなど、様々な紫外線対策に、テントシートやシェードをご利用いただいています。

ビニプロでは、紫外線対策にぴったりの耐久性・耐候性に優れたテントシートやメッシュ生地を豊富に取り扱っています。全て1枚からオーダーメイドで製作し、大型サイズや変形加工などご自由な形状・サイズでのご注文を承っております。

紫外線対策用テント生地の選び方

屋外の紫外線対策

屋外の紫外線対策

夏場はとくに日差しを浴びる機会が多くなる季節です。庭でビニールプールやガーデニングを楽しんだり、飲食店の屋外スペース、工場や倉庫の作業場など、日よけ・紫外線対策としてテントシートやシェードの利用が注目されています。
炎天下に長時間いると、紫外線による影響も大きくなりますので、テントシートで作業エリア全体に屋根を設置したり、簡易的にタープを使用したりするといった方法でUV対策をとることができます。

タープを使用したベランダや庭先など屋外スペースの紫外線対策

タープベランダにタープを設置して快適なスペースに

庭先やベランダ・バルコニーの日除けとしてタープをご利用いただけます。庭先でご利用いただく場合、柱や木があればロープで固定したり、建物二階から庭先に掛けて設置すれば広い範囲を日よけとしてご利用いただけます。

店舗などでは、開閉テントやパーゴラのような設備がなくても、雨よけ・日よけとしてタープを設置することができます。タープはロープや止金具などの部材を揃え、固定用の柱や頑丈な木に取り付けるだけとなりますので、オーニング等と比べると容易に設置できます。

ビニプロでは紫外線に強く雨除けともなるテントシート、日差しを程よく取り入れるメッシュシート、どちらの生地もお選びいただけます。

テントシートはUV対策のほか、雨よけとして駐車場や自転車置き場などに設置したり、工場や倉庫の屋外作業場などでもご利用いただいています。

開閉テントやパーゴラに! 休憩スペースや幼稚園・保育園の紫外線対策

シェード休憩スペースの開閉テントにシェードを使用

室内に入り込む紫外線対策として、窓の外にシェードやタープを設置する方法があります。たとえばご自宅のベランダに設置する場合や、店舗で窓側に席があったり、商品を配置している場合、シェードを設置することで日差しも紫外線も遮ることができます。

シェードは窓の上部から地面、もしくは固定できる柱などにロープで固定して使用するため、比較的容易に導入することができます。
そのほか、立てかけるタイプのシェードを設置するといった利用方法もあります。

ビニプロではご自宅で利用できるサイズや、業務用として大きな生地をご用意することができます。取り付けに必要なロープや金具といった部材もご注文いただけます。

オーニングで窓や出入口スペースの紫外線対策

オーニング窓・出入口にオーニングを設置

窓や出入口の上に設置されるオーニングは、看板の役割や常に雨よけ・日よけとして設置するために骨組みが固定されているもの(テント看板)と、フレームが可動するタイプのものがあります。可動するオーニングの場合、角度を調整することができるため、時間や季節によって変わる太陽光に対応することができます。

窓の上に設置するタイプのオーニングの場合、テント生地を採用される事例が多く、パーゴラなど自立型の場合はテントシートのほかシェードとしてメッシュ生地を採用されることもあります。

適切な生地は、設置場所や用途によって異なります。ビニプロではオーニングの種類を問わず、ご要望の生地・サイズで1点からオーダーを承っております。

荷捌き場や通路、駐車場・駐輪場の紫外線対策

テント屋根倉庫前のスペースにテント屋根を設置

ビニプロでは、オーニングや軒先テントのような窓付近に設置するテントだけでなく、様々な形状のテントに使用いただけるテントシートをご用意しております。

紫外線対策として車のボディや自転車のパーツを紫外線から守るため駐車場・駐輪場等のスペースにテント屋根を設置したり、雨よけ・日よけとして工場・倉庫の資材保管スペースや、荷捌き場の屋根、屋外通路用の屋根などの大型テントを設置したりと、小さな範囲から大規模な範囲の屋根として利用されています。

テント屋根やオーニング、軒先テントなど立体的なテントの場合、タープのような四角形のシートとは採寸方法が異なりますので、製作の際はビニプロまでご相談ください。

室内の紫外線対策

室内の紫外線対策

建物の中にいても、紫外線は窓から室内へと入ってきます。特に夏場は日差しが強くなりますので、家の中にいても日当たりが良いスペースに長時間いることが多い場合や、お子様やペットを紫外線から守りたい、床や壁の日焼け、家具や製品の劣化を防ぎたいといった場合に、紫外線対策は必須となります。
室内のUV対策というと、カーテンやロールスクリーンなど、室内に日よけを設置することを考えますが、屋外に日よけを設置すると、紫外線だけでなく室内に入り込む熱を窓に入り込む前に遮断できるので、より効果的な日よけ効果が期待できます。 屋外に設置する日よけの種類としては、簡易的に設置できるシェードやタープのほか、オーニング、庇テントなどがあります。

紫外線対策として新たにシェードやタープを設置したい、既存のオーニングテントを張り替えたい方に、設備の特徴と利用例、適切な生地についてご案内いたします。

室内に直射日光があたる窓周辺の紫外線対策

タープ雨よけ・日よけにシェード・タープを取り付け

室内に入り込む紫外線対策として、窓の外にシェードやタープを設置する方法があります。たとえばご自宅のベランダに設置する場合や、店舗で窓側に席があったり、商品を配置している場合、シェードを設置することで日差しも紫外線も遮ることができます。

シェードは窓の上部から地面、もしくは固定できる柱などにロープで固定して使用するため、比較的容易に導入することができます。
そのほか、立てかけるタイプのシェードを設置するといった利用方法もあります。

ビニプロではご自宅で利用できるサイズや、業務用として大きな生地をご用意することができます。取り付けに必要なロープや金具といった部材もご注文いただけます。

窓や出入口から室内に入り込む紫外線対策

庇テント窓・出入口上に庇テントを設置

シェードと同様に、窓上に設置されたオーニングや庇に生地を張ることで、窓から入り込む日差しを軽減させることができます。オーニングは屋外で日光の熱をカットするため、室内にブラインド等の日よけを設置するよりも効果的に熱を遮断することができます。オーニングやシェードは紫外線対策だけでなく、冷暖房効果のアップや室内熱中症の対策としても活用いただけます。

サイズによっては、室内に入り込む日差しだけでなく、オーニング下の日よけ・雨よけとしても活用いただけます。

店舗や倉庫の出入り口などでは、雨よけ効果と併用することができるため、テントシートが適しています。

UVカットテントシートの特徴

紫外線カット率99%生地が多数! プロユースのテントシート

ビニプロのテントシートは、工場・倉庫・店舗などでご利用いただけるよう、すべて防炎の機能を持つ生地を取り扱っています。
紫外線対策用としてUVカット率の高い生地や、雨よけとしてご利用頂けるよう、防水・撥水加工が施されているほか、日よけ・雨よけとして屋外で使用できるよう、耐候性・耐久性が高い生地が多く、さまざまな機能性を持つ生地を取り揃えています。

  • 紫外線カット率90~99%以上

    • UVカット高UVカット
    • UVカットは紫外線を90%カット、高UVカットは紫外線を99%カットする素材です。

      ビニプロで扱うテントシートは高UVカット、あるいはUVカットの機能性を持っていますので、紫外線対策に最も適しています。

  • 屋外で長期間使用可能

    • 屋外耐候屋外高耐候
    • 「屋外耐候」「屋外高耐候」の表示があるテントシートは、耐候性があり、屋外でご利用いただける素材です。

      耐候性とは、雨・風に対する強度が高く、紫外線による劣化速度を低減させる機能性です。製品によっては7年間の耐久性を持つ素材もございます。

  • 店舗・倉庫・工場などで利用可能

    • 防炎不燃
    • ビニプロのテントシートの多くは「防炎」機能のある素材です。「難燃性」の素材のため、自己消化性によって燃え広がりを抑え、引火による被害拡大を低減します。

      「不燃」素材はガラス基布でできているため、原型を保ち燃え抜きを防止します。工場・倉庫では、消防検査などによって、防炎ではなく「不燃」を指定される場合がありますので、不燃素材のテントシートをお選びください。不燃素材のテントシートがございます。

  • 雨よけとして使用

    • 防水撥水
    • テントシートは「防水」あるいは「撥水」加工されています。防水加工されたシートは、水が素材を通過する事がないため、テント屋根やオーニングなど、日よけと合わせて雨よけとしてご利用いただけます。

      撥水加工された生地は、表面に特殊な撥水コーティングを行っているため水を弾く効果があります。激しい雨などの場合、微量の水が通過しますので、ご利用シーンに合わせてお選びください。

そのほかテントシートによって様々な特性がありますので、詳しくは機能性一覧をご確認のうえ、生地をお選びください。

テントシートの活用例

庇テント
庇テント
巻き上げテント
巻き上げテント
テント看板
テント看板
駐車場テント
駐車場テント
大型テント
大型テント
通路テント
通路テント

UVカットシェード生地の特徴

紫外線カット率90%以上!
日差しをやわらげ、UVを低減させるシェード生地

テントシートと同様に、ビニプロの扱うメッシュ生地はすべて防炎機能のある生地を取り扱っており、すべての生地がUV加工されています。
紫外線カット率は生地によって異なり、さらに、色によって遮光率が異なります。薄い色味の生地は採光率が高く、濃い色味の生地は採光率が低くなります。紫外線カット率と合わせてメッシュ生地をお選びください。

  • 紫外線カット率90%以上 屋外使用可

    • UVカット屋外対応
    • 「UVカット」表示のある製品は、紫外線を90%カットする素材です。ビニプロで扱うメッシュシートは、すべてUVカットの機能性を持っています。

      同様に屋外で使用可能な耐候性のある生地を取り扱っています。

  • 店舗・倉庫・工場などで利用可能

    • 防炎
    • 「防炎」のメッシュシートは「難燃性」素材のため、自己消化性によって燃え広がりを抑え、引火による被害拡大を低減します。

      ビニプロのメッシュシートはすべて「防炎」機能のある素材となりますので、安心してご利用いただけます。

そのほかメッシュシートによって様々な特性がありますので、詳しくは機能性一覧をご確認のうえ、生地をお選びください。

メッシュ生地の活用例

シェード
シェード・タープ
開閉テント
開閉テント・パーゴラ
オーニング
オーニング
ビニールカーテン

透明ビニール・糸入り透明ビニールで紫外線対策

日の差す角度によって、オーニングやシェードでは日差しを軽減できない場合、UVカット効果のある透明ビニールシートを使用したビニールカーテンを設置することもできます。テラスなど、エリア全体を覆うことができれば、冷暖房効果を見込めます。

テントやシェードを外に設置することが難しい場合は、窓にUVカット効果のあるビニールシートを使用したロールスクリーンを設置する、工場など広いスペースの場合は、室内にUVカット効果のあるビニールカーテンを設置するといった紫外線対策をとることもできます。

UV/紫外線対策用テントシート・シェード一覧

  • ご利用ガイド

ビニプロ
工場直送、卸値価格

ビニールカーテン・テントシート・ネット・網をサイズオーダーで製作販売する業務用専門の総合通販サイトです。

ご注文はお見積フォームをご利用ください。

  • コロナウイルス対策用クリアカーテンPRO
  • ビニールパーテーションクイックバリア
  • オレンジブックお申し込み
  • 機能性ビニールカーテン一覧
ビニールカーテン・シート
生地の切り売りカット・ロール巻販売
ビニール間仕切り製品
ビニールカバー・特注加工
工業用シート製品
テントシート製品
トラック用シート製品
ネット(網)
業務用カーテンレール
運搬移動・作業用レール
間仕切りカーテンポール
取付金具・修理材・各種資材
特売・SALEコーナー
ビニールカーテン 用途・目的から選ぶ
ビニールカーテン 機能別から選ぶ
ビニールカーテンの 基礎知識
メニュー
  • 取付工事サービス
  • 知って得する豆知識
  • 納品撮影・施工写真でクオカード1000円分プレゼント!
  • お問い合わせ・見積もり
  • お電話でのお問合せ0120441-723
  • FAXでのお問合せ052-766-6960
  • メールでのお問合せ
  • フォームでお問い合わせ
  • FAXで見積り依頼(PDF)
  • ビニプロNET
  • ビニプロTENT
  • ビニプロカバー
ご利用ガイド
User Guide
決済方法について
決済方法について

決済方法についてのご案内となります。ビニールカーテンやのれんカーテン、ネット(網)などの決済方法をご案内。

決済方法について
納期について
納期について

基本的にはオーダー品のため、返品・交換は不可となります。ご発注前のサイズ確認などのご相談はお気軽にお申し付け下さいませ。

ご注文方法
ご注文方法

見積り依頼・ご注文・ご発注の流れをご案内しています。ステップ別にお見積りのご依頼から納品まで詳細に説明いたします。

よくあるご質問
よくある質問

製品の送料、決済方法についてのご案内となります。ビニールカーテンやのれんカーテン、ネット(網)などの送料と決済のご案内。

DIY・取付方法について
DIY・取付方法について

製品の送料、決済方法についてのご案内となります。ビニールカーテンやのれんカーテン、ネット(網)などの送料と決済のご案内。

サイズの図り方について
サイズの図り方について

ビニールカーテン、間仕切シートをご発注の際、細かなサイズの図り方などはこちらを参照くださいませ。ご不明な場合はお気軽にお問合せ下さいませ。

標準仕上・特注加工について
標準仕上・特注加工について

ビニールカーテン・防炎シート・不燃シートなど、カーテン加工の際の標準加工とオプション加工についてのご案内。オーダー製作致します。

ビニールカーテンの豆知識
ビニールカーテンの豆知識

ビニールカーテン購入前に知って得する豆知識。ビニールカーテンの用途・注意点・素材の特徴などプロ担当者が適時更新!

お問い合わせ・お見積もり依頼
営業日カレンダー
  • FAXでのお見積り依頼
  • フォームでお問い合わせ
  • メールでお問い合わせ

ページTOPへ

ホームビニプロ.comが選ばれる6つの理由お知らせ一覧サービス利用規約特定商取引法について個人情報保護方針運営会社

  • ビニプロ.com
  • 工場・倉庫・店舗向けの
    業務用卸売・オーダー製作